ホーム 深層報道 「ゲームは素晴らしいもの」浜村弘一氏・インタビュー

[Mediums Coming Soon] 「ゲームは素晴らしいもの」浜村弘一氏・インタビュー

0
シェア
.

MEDIUMS特集企画「ゲームってなんだ」

4月になり受験が終わって新しい学校に入り気が緩んでいる人もいるのではないだろうか。もしかすると中には既にゲームに依存してしまって課題が手につかない、という人もいるのかもしれない。私たちにとってゲームの問題はいつの時代も避けては通れないものだ。
そこで「ゲームってなんだ」をスローガンに、専門家へのインタビューを通じてゲームについて考えていく。

CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は昨年、設立から20周年を迎えた。昨年はドラゴンクエストが30周年、そして今年はファイナルファンタジーが30周年を迎える。

ゲームは私たち中高生の日常にも深く根付いているものだが、それは私たちが生まれるよりも遥か前から長い時間をかけて試行錯誤が繰り返されたからこそだ。

今回は、ゲーム総合誌『週刊ファミ通』の編集長を経て、現在はファミ通グループ代表を務める、カドカワ株式会社 取締役の浜村弘一氏に話を伺った。

浜村氏はゲーム黎明期から第一線で動向を見てこられた方で、私たちとはまた180度違った目線で物事を教えてくれることだろう。

「ゲームはどう変わったのか」…

「ゲームとは何か」…

この取材テーマは「ゲーム」というだけの根本のお話。

【記事公開】→
浜村弘一氏が語る「ゲームってなんだ」(前編) ◆ゲームは「素晴らしい」未だに飽きないですね。